糖尿病・代謝内科のページです。三重県四日市市の西浦クリニック。

糖尿病・代謝内科

糖尿病・代謝内科

糖尿病・代謝内科

高血圧、高脂血症、高尿酸血症などとともに全身の動脈硬化性疾患、たとえば、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病腎症による腎不全、網膜症、神経障害などの原因となります。
糖尿病診療もこの10年で大きく変わりました。
以前は、数種類の経口糖尿病薬、とインスリンで患者さんに強力な食事療法、減量を強く迫る治療が主でした。

食事療法で体重をコントロールする。運動療法を行う。この治療の大原則は変わりません。しかしこの10年間に、体内のインスリンが効きやすくする薬、 食後のブドウ糖の急激な吸収を抑える薬、食後短時間インスリンの分泌を促す薬、消化管ホルモンを使ってインスリンの分泌をコントロールする薬、 インスリンも構造を変化させたアナログ製剤によって、低血糖の少ない、病態に応じた安定したコントロールが可能になってきました。
医者も「あなた、コントロールが悪いと一生インスリン治療になるよ」なんて恫喝の言葉が聞こえた時代ももう過去の時代となりました。 事実、当院では高血糖によるインスリン抵抗性を解除するために短期間インスリンを使用することがあります。
今後、尿糖の排泄を促進させる薬が近々発売され、新しい医薬品の開発が進んでいます。 当院では、軽度の耐糖能異常(まだ糖尿病を発症してない状態)から日本人に多い2型糖尿病、 緻密なインスリンコントロールが必要な1型糖尿病の患者さんもコントロールしています。

主な合併症

糖尿病の合併症は、一般的に急性合併症と慢性合併症の2つに大きく分けられます。
慢性合併症の目の病気(糖尿病性網膜症)や腎臓の病気(糖尿病性腎症)、 糖尿病による手足のしびれなど末梢神経の病気(糖尿病性神経障害)を加えた三つを昔から糖尿病の三大合併症と呼んできました。
急性合併症の代表例としては、糖尿病性昏睡と急性感染症があげられます。
これらは治療の進歩(特にインスリン療法)により、著しく改善されています。しかし、未だに克服されたとは言えず、意識障害をきたしたり、多くの臓器障害まで併発する可能性を含んでいます。

三大合併症…糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害

三大合併症説明
  • 禁煙外来
  • 糖尿病
  • 径鼻内視鏡
  • 人間ドック・健康診断
初診の方へ
西浦クリニック

西浦クリニック

診療時間
tel:0593555656
アクセス

湯の山街道、四日市税務署前

診療所斜め前に専用駐車場(13台)があります。

アクセス・駐車場のご案内
〒510-0071
三重県四日市市西浦1-2-8
院長ブログ

西浦クリニックでは、的確な診療をご提供しつつ、患者さんの生活の質(Quality of Life)を損なわない治療を目指しています。

ページの先頭へ戻る